ここで心配になるのは両親

ダウン症という言葉を聞いたことがある人もいますが、この病気はその表情に特徴があります。それは丸みを帯びた顔で起伏が少なく、目が少しつり上がって目と目の感覚が少し広いという特徴があります。

この他には知的な発達に関して、他の子供と比べると遅いという症状があります。発症率に関しては約1000人に1人の確率で発症すると言うことがわかっています。

比較的高いというのが大きな特徴です。この病気は染色体が関係しています。従って遺伝性ということではありません。

大部分は卵子や精子が作られるときや受精卵が発育する初期段階に、23組ある染色体農地の21番目の2本の染色体が正常に分離しないために起こるとされています。染色体異常の病気とされています。

ダウン症の人の特徴としては、小柄で少し太っていると言うことです。そして手がとても柔らかいと言うこともあります。ダウン症という病気を持って生まれてきた子供はたくさんいます。

しかしこの時にさまざまな合併症を持って生まれてくると言うことも決して珍しいことではありません。

少し前まではこの合併症を治療するという技術が発達していなかったので、多くは20歳くらいまでしか寿命がないといわれてきました。

しかし最近では医療の発達も進み、少し前までは治すことができなかった合併症でも治療ができるようになっています。従ってダウン症の人の寿命は大きく伸びています。その平均寿命は50歳から60歳となっています。ここで心配になるのは両親です。

自分たちがいなくなった後には、どのようにして生活をしていくのかということを気にしている人がたくさんいますが、最近ではグループホームやケアホームに入る人が多いです。

このほかに一人暮らしをする人もいれば兄弟と暮らす人もいます。また老後は老人ホームに入るという人もいるのでその幅は広がっています。

このような人たちが普通に生活をしていくためには、周りのサポートがとても大切になります。