根本的な治療方法はないのが現状

ダウン症とは、先天性の疾患です。体細胞の染色体のうち、21番染色体が1本余分に存在する事によって発症します。

母親の出産時の年齢が高いほど発症率が高くなると言われており、35歳で300人に1人、40歳で100人に1人程度の割合となります。

日本での患者数は5万人程度で、他国に比べると比較的少ないです。ただし、その代わりに自閉症の発症率が高い傾向にあります。また、ダウン症は染色体の異常が原因で発症するため、根本的な治療方法はないのが現状です。

ダウン症の症状には様々な種類があります。一つ目に見た目の違いがあります。この症状の患者は独特の身体的特徴を持っています。代表的な特徴として、つりあがった目、下あごや耳が小さい事、指が短い事等が挙げられます。

二つ目に知能の発達の違いがあります。この症状の患者は、知能の発達が比較的ゆっくりしているという特徴があります。これは個人差が激しい症状なので、どのくらい違うのかを一概に言う事は難しいです。ただ、一般的にはダウン症ではない人と比べて2倍程度の時間がかかると言われています。

三つ目に筋肉の違いがあります。この症状の患者は筋肉が柔らかい場合があります。そのため、特に乳幼児の時に、体重がスムーズに増加しないという事も起こります。

また、上記のような症状以外にも合併症にかかる可能性もあります。かかる可能性のある合併症としては、心臓疾患や消化器疾患、てんかん等があります。中でも心臓疾患はかかる確率が高いです。

このように様々な症状のあるダウン症は、患者本人やその家族が日常生活をしていく上で、色々と抱える問題・不安などがあります。例えば、これからの育て方について、就園や就学について、将来について等です。

ダウン症の子供は専門の療育施設に通うケースが多いです。この施設で患者本人やその家族が、日常生活の送り方や、これからについて学びます。

ダウン症は症状に個人差があるので、患者の症状や状態をきちんと把握して、それぞれに適切な対応をする事が大切です。